患者を診ている医者

第三類医薬品とは

ペンで書いている医者

医師の処方箋がなくても手に入れられる薬を一般医薬品と言います。
この薬は、一般の人が薬剤師などから、与えられた情報に基づき、自分の判断で購入し、自分の責任で使用する薬で、軽い病気の症状の改善とか、生活の質の向上とか、健康の維持、増進に使う物と定義されています。
市販の医薬品は、2009年の薬事法(日本で流通している医薬品に関してきめられた法律)の施行によって1類、2類、3類と分けられました。

第1類医薬品は強力な作用や効き目がありますが、比較的強い副作用があったり、発売されて間もなくで使用上に注意がいる医薬品が含まれ、薬剤師が文書を持って、購入者に効果と副作用の説明しながら対面販売をする事になっています。
第2類医薬品は、1類ほど、リスクは高くないが、入院するレベルの健康被害が起きるかもしれないと言う分類で、薬剤師がいる店舗でないと発売ができません。
売る人は必ずしも薬剤師でなく、登録販売者でもいいのです。

第3類医薬品は、飲むと体に影響があったとしても、日常生活を困難にするほどの影響はなく、例えばビタミン剤とか整腸剤がこれに含まれます。
第1類と第2類は薬剤師のいる店舗でないと発売できませんが、第3類に限っては、薬剤師の監督下でなくても発売でき、コンビニエスストアやインターネット通販を利用しても販売が出来るとされています。
店に登録販売者がいれば、コンビニエンスストアでも、資格を持たない人が販売をしても良いので医薬品のドリンクが陳列されているようになりました。
したがって、買う人が「この販売者は薬剤師なのか、登録販売者なのか、普通の人なのか」を区別できるように、来ている物や名札などで区別できるようにすることが必要となりました。

サイト内検索
人気記事一覧
最近の投稿
アーカイブ